6/27(木) アズワンコミュニティーのお話会&プチ探求会

アズワンコミュニティの集い

こんにちは。
シェアハウス和楽居(わらい)の井上です。

この度、一年ぶりに
鈴鹿のアズワンコミュニティーから北川道雄さん(みっちー)をお招きして、

『アズワンコミュニティー』についてのお話会
そしてプチ探求会 『サイエンズメソッド』を使った話し合い
の場を設けさせていただきます。

イベント詳細

◆日時 6/27(木)18:00 – 21:30
◆参加費 1000円
◆場所 神戸シェアハウス和楽居オーガニック
神戸市垂水区旭が丘1-7-11
sharehouse-warai.com/kobe-share-house-warai#i-11
◆参加申し込み方法
fbイベントページの「参加」をクリックしていただくか
https://www.facebook.com/events/755093211572964/

info@warai-kobe.com(いのじ)
にメールください。

◆スケジュール
前半 
アズワンコミュニティーってどんなところ?
サイエンズメソッドってなんだろう?

後半
プチ探求会 
サイエンズメソッドを使った話し合い を体験してみよう。

探求会
探求会の様子

アズワン鈴鹿コミュニティー と サイエンズメソッド のこと

アズワンスタイル
アズワンスタイル

2年ほど前から様々なメディアで紹介され、
日本各地、そして世界中(韓国、ブラジル、スイスetc)からも注目を浴びている
アズワン鈴鹿コミュニティー。

その経済的基盤となっているおふくろさん弁当、鈴鹿ファームでは、多数のコミュニティーメンバーが運営に携わり、
人が、人らしく、本質的な幸せとは何かを検討し合いながら、学び合っていこうとする姿があります。
コミュニティーの土台となっている学びの場、サイエンズスクールで用いられている
人が、人を知り、本質的な幸せを実現していくための手法が『サイエンズメソッド』です。

主催者 いのじの想い

僕自身は、シェアハウス和楽居の運営を始めて、12年目になります。
縁あって、シェアハウス和楽居で暮らすことを選んでくれたシェアメイトのみんな。
それぞれと仲が深まるに連れて、より一層、
家に帰ってきてる時は本当に安心して、素の自分を出せる、
楽で、愉快で、居心地のいい居場所を作りたい。
そんな思いが強くなっていき、
●月に一度のシェアタイム
●みんなが繋がるイベント
など試行錯誤をしながらやってきました。

そんな中、2017年にサイエンズメソッドというものを知り、自分の内面に以前よりも深く関心が湧くようになりました。

サイエンズスクールや、持続可能な社会づくりカレッジで学ぶ中、
みんなが仲良く、自由に過ごせる場作りを目指しながら、
心の奥底では、
『揉め事が起きないなら、多少は我慢をする人がいるのは仕方のないことだ』
としていた事に気が付きました。

そのことがきっかけともなり、もっともっと自分を知り、人を知っていきたい。
互いを満たし合う喜びの中で暮らしていきたい。
そんな仲間と共に、検討をしながら、じっくりとやっていきたい。

当然としている自分の中のルールだったり、社会通念。
それを守った上での安心感、充足感や幸せ。

そんなものではなく、もっともっと本質的な幸せ。
何が起きても、決して揺らぐことのない幸せ。
それを探りながら、その方向に向かっていける仲間を作りたい。

鈴鹿で暮らす人とも交流する中、
自分の内面が徐々に変わっていく実感を味わっています。

僕自身が、鈴鹿に学びにいく中で大きく価値観が変わったことを綴ったブログ記事です。

探求会をしたいんです!

アズワンコミュニティーや、おふくろさん弁当の話を聞いたとき、
最初は、仕組みや、ルール、うまくいく流れを作り出している方法がどうなっているのか、ということばかり気になっていた自分がいました。

でも、実際に鈴鹿に学びに行き始めてから僕なりに感じたのは

「どれだけいい仕組みを知ったとしても、コミュニティー に実際にいるのは、一人一人の人。
一人一人の心の有り様が、コミュニティーの雰囲気や、そこに暮らす人の幸せ・充足感に繋がっている。

だから、どれだけ仕組みや方法論を学ぼうとしても、それはとても浅く表面的なノウハウ ハウツー本に書いてるようなものであって、
その仕組みをそのまま神戸・垂水に持ってきても活かす事ができない。」

ということです。

本当の “平和” を知らない人が、真の “平和” な社会を創り出す事はできない。
だって知らないから。

“幸せ”って何かを知らない人が、”幸せ” な家庭、”幸せ” な地域社会を創る事はできない。
自分が “幸せ” がどんなものか、深く知らないんだ、ということを分かっていない人が
自分の中にある “幸せ” という固定された価値観を相手に押し付け、
相手の中に “幸せ” でない気持ちを生み出したり
「なんで分かってくれへんのや!」と自分の中に “幸せ” からはかけ離れた感情を抱いたりする。

僕は、地元神戸・垂水の地で、本当に安心して暮らしていける地域づくりをやっていきたいと願ってます。
そのためには、まず足元から。そう、それは身近な人との安心し合える関係性からから。

6/27の、この時間が
僕にとっても、
参加してくださる皆様にとっても、
実りのある幸せな時間となりますように。

アズワンコミュニティの集い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください