シェアする暮らし = 所有する必要のない暮らし

share

こんにちは。
シェアハウス和楽居のいのじです。

冬の寒さも和らぎ、春だなー、と思っていたらあっと言う間に桜も散ってしまいました。
春と言えば引っ越しシーズンですね。
シェアハウス和楽居にも、年が明けてから、6名以上の新しいシェアメイトが入居して下さいました。

そして、お引越しの日のみなさんの荷物を見ていると、
ずいぶんと荷物の少ない方がいらっしゃいます。
中にはスーツケース1つだったり、大きなバックパックを担いでそれだけでお引越ししてこられる方もいらっしゃいます。
(9割以上の部屋には、押入れが付いているので、たくさん荷物をお持ち頂いても大丈夫ですよ〜。)

シェアハウスだと、生活家電類は全部備え付けられてるし、
キッチン用品も一通り揃ってる。
家具も、相談してもらったらある程度用意できるし。

「買う前に相談してくださいね」

僕はいつも
「何か必要なものあったら、買う前に相談してください。
用意できるかどうかは分からないけど、急ぎでなければそのうち誰かからもらえる事が多いので。
共用部に必要なものだったら、僕が準備する事もあります。」
と言うております。

日用雑貨や、たまにしか使わないもの、工具類なんかは
シェアメイトや僕から借りられる。

そうすると、本当に必要なものって、
スーツケースに収まる程度のものだけでいけるんじゃない?

って思うんです。

実際、和楽居でシェアしてるものって何があるかな?
って考えて、数え上げると実はたくさんあるなー。

和楽居でシェアしてるものたち

和楽居の「オーガニック」という棟のキッチン・シェアコーナーの一部を写真で紹介します。

他にも色々シェアしてるものはあります。

●家にあるもののほとんど
(特に大家である僕の所有物は大体、みんな使ってもオッケーになってる気がします)
●大家さんの車:車については使い方なども決めてるので、また別記事で詳しく書きます

アウトドア用品
●カセットコンロ
●キャンプ用ガスバーナーコンロ
●ヘッドライト
●寝袋
●テント

キッチン用品 & 調理器具 & 食べもの飲みもの
●調味料 & 食べ物(塩・醤油・酢・その他いろいろ)
●ヌードルメーカー
●各種調理器具(フードプロセッサー、精米機、ジューサー、その他いろいろ)
●お酒各種 

楽器類
●ギター
●ピアノ
●カホン
●ジャンベ
etc…

「誰か ●● 余ってない?」

必要なものでも、ここ1〜2年、もののやり取りをする事が増えてきてからは、
和楽居に暮らしている人、過去に暮らしていた人が40数名入ってる
和楽居のLINEグループにこんなメッセージが流れる時もあります。

余ってるのあったら下さい

余ってるのあったら下さい

「余ってるけど、誰かいらない?」
「余ってたらください!」

買う前にまず相談してみよう。
っていう考え方が、すぐ近くに暮らす人との間で広がったら嬉しいな。

『所有』するってどういう事?

モノをシェアすること、について書いているので
ついでに『所有する』という考え方について少し考えてみたいと思います。

『これは私のものである』とは

「これは私がお金を出して買ったので、私のものです。」
ごく自然なこととして、世の中でまかり通っている考え方だと思います。

お金を払ったら、私のものになる。
私のものだから、私は自由に使うことができる。
私は「使用する権利」がある。
= 他の人は「使用する権利」がないため使うことができない。

こんな感じでしょうか。
自分がお金を出したもの以外は、自由に使うことができない社会で僕たちは生きているように思います。
自分が生きていく上で使うものは、全てお金を出して買わなくてはいけない。

和楽居とは別のシェアハウス暮らしていた人から聞いた話ですが
その家では、5人住んでいて、4台炊飯器がある、なんて話も聞いた事があります。
・自由に使えないから。
・他の人が綺麗に使ってくれるか分からないから。
という理由だそうです。
2名でシェアしてる人もいるみたい。
じゃあ他のシェアメイトとはなぜシェアできなんだろう?
これって基本的に、シェアメイトを信頼してない気がします。
家族だったら、家に1つあれば十分で、みんなで使うものが多いと思います。

僕が、自分のものでも、自由に使ってもらっていいですよ、としている感覚って
「モノはいずれ壊れる。だから誰かが使ってて壊れても、仕方ない」
「もし誰かが使って壊れてしまっても、また誰かが譲ってくれるだろう」
「ピカピカで綺麗に使いたい、というこだわりはほとんどない」

こんな感じかな〜。

自分で所有しなくってもいい

シェアハウスに暮らすメリットの1つだと思います。
家族でなくたって、シェアできる人が増えたら生活が豊かになるように思います。
まずはシェアハウスのように一つ屋根の下に暮らす人と。 
そしていっそ、シェアハウスだけじゃなく、
ご近所さんともそういうやりとりの輪を拡げていきたいな、って願ってます。

シェアする関係が増えるほど、お金の要らない暮らしに

シェアする人との関係性って、お互いに何かあれば融通し合える間柄だと思うので、
シェアし合える人が増えれば増えるほど、
自分が使いたいものにいちいちお金を出して購入する必要がなくなります。

今の時代、大抵の場合、
お金を得るためには、自分の大切な時間を使って、
労働することによってその対価として収入が得られる、という仕組みになってますよね。

一度きりの人生、大切な時間を何に使うか。
色々楽しく過ごしたい、色んな事にチャレンジしたい。

たとえば

キャンプしたい! 
(年に一度使うかどうかも分からないのに!)
じゃあキャンプ用品一式買わないと!
1泊2日の旅行費用だけじゃ全然足りない!
買ったものを置くスペースも確保しないといけない!
そのためには、大きい家に住まないといけない!

っていう発想だと
何をするにもいちいちお金かかりすぎるし、
物質的にも、金銭的にも無駄が多すぎる気がするのは僕だけでしょうか。

家の玄関先に「あげます」棚を設置してみた

シェアハウス内だけでなく、ご近所さん、直接面識のない通りがかりの人とも
シェアする喜びを拡げていきたい。
そんな思いからシェア棚を家の前にも置いてみました。

シェア棚 ご近所さんに開放中

シェア棚 ご近所さんに開放中

断捨離にもなるし一石二鳥!

シェアメイトの中には
●とにかく捨てたくない。勿体ない。捨てられてしまうけど、まだ使えるものはもらってくる。

というタイプの人もいれば

●使わんもんは、まだ使えるものでも置いときたくない。とにかく部屋をスッキリさせたい。

という方もいます。

意識してないと、少しずつモノが増えていってしまうものです。

「モノを減らそうよ!」
という気持ちになった時。まだ使えるものやから、捨てることはしたくない。

まだまだ使える、誰かにとっては買ってでも必要なもの。

を無料で並べています。
やっぱ綺麗で使いたくなるもの、は割とすぐになくなります。

たまに綺麗なお皿など、1枚10〜100円程度で並べるときもあって、
それもたまに売れたりします。

お金のやり取りがあっても、なくっても、
まだ使えるものがゴミになるより、
誰かの役に立つのは嬉しいですね。

長くなりましたが、読んでくださってありがとうございました!

関連記事リンク
ギフトエコノミー / 暮らしを自給する 記事一覧
http://sharehouse-warai.com/category/sharehouse-warai/gift-economy

与え合う暮らし◆ギフトエコノミー『渋柿編』
http://sharehouse-warai.com/gift-economy-kaki

share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です