住人インタビュー vol.1『ゆみちゃん』

ゆみちゃん

今日の住人インタビュー 第1段はゆみちゃんです!

ゆみ 
年齢 1984年11月28日生まれ(当時28歳)
趣味 サーフィン
出身地 名古屋
ハウス名と時期 オーシャン(2012年4月~2013年4月)
入居前の状況 ラオスで青年海外協力隊
農家さんと味噌作り

農家さんと味噌作り

和楽居に住んだきっかけを教えてください
ブログを見て、みんなで畑をやってたり、お花見をしたり、わいわい楽しそうな感じだったので、
和楽居だったら簡単に友達が作れそうだな、と思いました。

和楽居に住んでみて感じたことは?
それぞれの人の生活とか垣間見れておもしろかったです。
まだ当時はシェアハウスが流行っていなかった頃だったので、貴重な体験でした。

垂水に暮らしてみてどうでしたか?

八百屋さんや、魚屋さんがたくさんあって下町な感じがすごい好きでした!
ゆみ & エリック

ゆみ & エリック

ゆみちゃんは何をされている方ですか?
シェアハウスに住んでた頃は、パン屋さんで働いてました。
途中からシェアハウス運営のお手伝いで、ペンキ塗りとか漆喰塗りとか、リフォーム作業。
あと住人さんのブログなんかも書いてました。
シェアハウスを出て、今は子供向け体操教室の先生をしてます。

ゆみちゃんは和楽居に来る前は何をされていましたか? 
青年海外協力隊でラオスに2年間いました。
ラオスでは高校生の子どもたちに体育を教えていました。
その後、ハワイに1ヶ月間、ワークエクスチェンジで行ってきました。
マカダミアナッツとコーヒー豆の農家さんに住み込みで、ナッツとコーヒー豆のピックアップのお手伝いをしていました。
 
和楽居女子会 @ 甲子園にて

和楽居女子会 @ 甲子園にて

ゆみちゃんから見た和楽居の魅力はなんですか?

やっぱり愉快な大家さんがいること、、、
じゃないですか笑
いや、いのじさん、何笑ってるんですか!
ほんとですって。
 

最後に、このブログを見ている方々に一言お願いします。

たくさんのステキな繋がりができました。
シェアハウスを退去してからも、同じ時期に入居していた女の子の家に泊まりに行ったり、山登りに行ったり。
生涯の友達ができました。
和楽居を出て結婚した後も、たまにリフォーム作業のお手伝いとか、イベントに遊びに来たりできてるし、
嬉しいなー、って思います。
もし迷ってたら、一度イベントでも、見学にでも足を運んでみてくださいね。

 
大家いのじから見たゆみちゃん

シェアハウス史上、一番エネルギッシュで、太陽のような女の子でした。
ゆみちゃんがいると場が明るくなります。
シェアハウス運営 & リフォーム作業の手伝いのスタッフとして、手を挙げてくれたゆみちゃん。
僕にとっては、人生で初めて人を雇わせて頂く、という貴重な経験をさせて頂いた大切な仲間のひとりでした。
結婚してからも、またちょくちょくリフォームの手伝いにバイトとして来てくれるようになったんですが、
やっぱりゆみちゃんは元気で笑顔いっぱい。
これからもいつでも和楽居に帰ってきてね〜!家族ぐるみでお付き合いをしようね。

 
ゆみちゃん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です