テレワーク・リモートワークを応援するシェアハウス/メリット・デメリット/全国版おすすめ物件(神戸)

テレワーク

こんにちは。
神戸シェアハウス和楽居(わらい)のいのじです。

コロナウイルスの影響が人々の生活スタイルに大きく変化をもたらしている中、
シェアハウス和楽居にお住まいの方でも

  • 職場に出勤する回数が減り、テレワーク・リモートワーク・在宅勤務する機会が増えた
  • 主催するワークショップや講演活動をオンライン配信するようになった
  • これからオンラインでの活動を広げていきたいと考えている

など、自分の仕事や活動の場が、職場やイベント会場に移動することなく、
シェアハウスの共用部や自室で行うことが増えた、という方がいらっしゃいます。

また、仕事以外でも、

  • オンライン講座に参加するようになった(ヨガ・セッション・ワークショップ、その他学びの場)
  • 家で映画を見る時間が増えた (アメリカ人シェアメイトが「“bunch watching”してる」と言ってました。=短期間に大量に動画・映画など見ること)

という方も多いです。

シェアハウス和楽居では、
テレワーク・リモートワー ク・在宅勤務の方を応援しています!

シェアハウスに暮らすだけでも、不安があるのに、
ましてやたくさんの知らない人と暮らす環境の中でテレワーク・リモートワーク・在宅勤務なんてできるの?

という方も多いんじゃないでしょうか。

今日は、シェアハウス内でテレワーク・リモートワー ク・在宅勤務をする
メリット、デメリット、そしてシェアハウス和楽居で取り組んでいる事、
についてご紹介いたします。

テレワーク・リモートワー ク・在宅勤務そのもののメリットについて

テレワーク・リモートワーク

テレワーク・リモートワーク

ラッシュアワーのストレスから解放される
通勤時間から解放される
→自分の時間が増える
→幸せな人が増える

企業側にとっても大きなメリットがあると思います。
社員、スタッフの交通費の支払いが不要になる
オフィスの維持費、資材費などかからない
社員のQOL(人生の質。クオリティーオブライフ)が向上する
→結果、長く勤める人が増える
→採用にかかるコストが減る

通勤にかかるガソリン使用量や様々なエネルギーが減って 、地球環境にも優しいですね!

シェアハウスでテレワーク・リモートワー ク・在宅勤務をするメリット

家の中で気分転換できる

自宅に一人でこもったまま、ひたすら仕事をしていると
なんだか煮詰ったり、誰かに話を聞いてもらいたい気分になる時があります。
シェアハウスに、安心して話ができるシェアメイトがいると、少し話をするだけでも、いい気分転換になります。

パソコン設定や、アプリの情報や設定など誰かに教えてもらえる

zoom、messenger、LINE電話、skypeなどのテレビ電話アプリを使用する機会が急激に増えた方が多いと思いますが、
設定方法や使い勝手が分からず最初は戸惑うことも多いです。
シェアハウス内に、慣れている人がいるとなんでも教えてもらえます。

他にも、

  • オンライン飲み会のアプリ『たくのむ』は使いやすかったよ!
  • zoomでミーティングを設定するのってどうしたらいいの?
  • ブログを始めたいんだけど、どこがオススメ?
  • ビデオ通話する時の、zoom、facebook messenger、LINEの違いは?

などなど、シェアメイト同士の会話でよく聞きます。
僕や妻も、色々使ってみた経験があるので、知っていることはなんでもお伝えできます。

一人でやりにくい作業を手伝ってもらえる

自営業をされていて、最近動画配信を始めた方から、
「一人で動画を撮るのがどうしても難しい場面があるので、
手を貸してもらえませんか?」
という連絡を頂きました。

一人だと、

  • 喋りながら
  • カメラで撮影をしながら
  • 被写体を移動させながら

というのがなかなか厳しくて苦労します。
誰かに手伝ってもらったら、すぐ終わるんだけどなー、
という場合にシェアメイトの手を借りることができます。

全部一人でやるのって、何をするにも大変ですもんね。

シェアハウス和楽居の住環境はテレワークに向いている

リクルート住まいカンパニーによる調査レポート
2020年トレンド予測
住まい領域
によると

住まい領域における2020年のトレンド予測
職住融合

ということです。

テレワークをきっかけに、プライベートの充実を

テレワークをしてよかった点

テレワークをしてよかった点

引越しの際の街選びの重視項目

引越しの際の街選びの重視項目

テレワークをきっかけに自然溢れる環境に

テレワークをきっかけに自然溢れる環境に

テレワークをきっかけに5割が引っ越しを検討
通勤に捉われない生活のしやすさを重視

テレワーカーの場合が重視するのは、「物価が安い」「住居費が安い」「防災対策がしっかりしている」といった通勤に捉われない、生活のしやすさだ。

テレワークをきっかけに、自宅の一部に、次のような工夫をしている。
テレワークのメリットとしては「通勤時間の減少」や「ストレスの軽減」を挙げる人が多い。すでに引っ越しをした人は、より「子供/家族との時間」 「趣味に費やす時間」などに価値を感じる傾向にあることもわかった。

テレワークをきっかけに引っ越しをした人の中には、東京から趣味のサーフィンを楽しめる湘南に転居した事例がある。平日の朝からサーフィンを楽しみ、ハーブを育てるなど自然に親しみながら、海の近くでの暮らしを楽しんでいるという。

引用元URL  https://www.recruit-sumai.co.jp/sumai/2020_syokujyuyuugo.html

物価が安い

シェアハウス和楽居のある垂水・霞ヶ丘・舞子の駅前エリアは、
スーパーや八百屋が多く、新鮮な食材が安く手に入ります。
また垂水駅前の北野エースやイオン、八百屋では有機野菜コーナーも少しずつ増えており、
とても買い物がしやすいですね。

家賃・住居費が安い

シェアハウス和楽居は、
全て駅から徒歩6分以内と好立地です。
そして、全部屋個室ですが、
家賃は3.5〜5.3万円と、地域の相場からするとリーズナブルです。

女性専用棟、ペット歓迎ハウスもあります。

家電類一式も揃っているので、初期費用も抑えられます。

プライベートの充実(趣味が広がる)

シェアメイトには、

  • 弾き語り
  • 野草に詳しい人
  • 陶芸
  • 料理
  • おかし作り
  • 洋裁(服やカバン、などなんでも作れます)

などなどを趣味や仕事でされている人が多く、
多彩なメンバーが集っています。

シェアハウスから海や山まで近く、自然が溢れる環境です。

新しい趣味や、自分の好きなことを少しずつ仕事に変えていく、など
新しいことにチャレンジするには最適な環境です。

その他、
シェアハウスに暮らすメリット につきましてはこちらの記事をご覧ください。

社会人185人に聞いたシェアハウスを選ぶ理由・メリット11選●部屋探しは【神戸シェアハウス和楽居】へ!

 

シェアハウスでテレワーク・リモートワー ク・在宅勤務をするデメリット

逆にシェアハウスで、テレワーク・リモートワークをする際のデメリット
についても考えてみます。

  • 他の部屋や共用部に声や音が響く
  • 他の部屋や共用部からの音が気になる
  • 自宅だと集中できない
  • 自室や共用部の様子がカメラに映ってしまう

音については、和楽居で対策をしている点について
後で説明をしています。

あと余談ですが、
パソコンやスマホの画面を長時間見ていると疲れます。
液晶画面による目に負担が大きく、肩こりなどの原因にもなります。
画面の調整や、ブルーライトカットのフィルターなどを使用して、対応しましょう。

シェアハウスには各エリアに菜園スペースがあるので、土に触れることで
気分もスッキリするし、アーシング(電磁波が体から抜けること)ができます。
各家から、海までも徒歩2分や、一番遠い家からも自転車で10分で泳げるビーチがあります。砂の上を裸足で歩いたり、海水に足をつけると、アーシング効果がとても高いそうですよ。

アーシングについて
https://earthing.jp/aboutearthing/mechanism/

シェアハウス和楽居のテレワーク・リモートワークを応援する取り組み

神戸シェアハウス和楽居にお住まいの皆様の
在宅での仕事環境・生活環境の向上のために、様々なことに取り組んでおります。

  1. シェアハウス内のインターネット環境の改善
  2. 防音対策
  3. 空室を、仕事部屋・自習室・視聴室として使えるよう開放する

シェアハウス内のインターネット環境の改善のために

  • インターネット環境に不満はないか、をシェアメイト全員にヒアリング
  • wi-fiルーターのファームウェアのアップデート
  • wi-fiルーターを新しいものに交換(グレードアップ)する
  • 宅内に無線中継器を設置

できることから1つずつ、対策中です。

今までは、仕事で出ている時間が多かったので、
たまにインターネットに繋がりにくい時があっても気にならなかったけれど、

テレワークやリモートワークが始まったり、
オンライン講座の配信・受講などするようになってから、
ネット環境が常に安定している状態じゃないと不便だなー、と感じる人が増えました。

僕も素人ながらに、
プロバイダーや、wifiルーターのメーカー(BUFFALO、NEC)のサポートデスクに電話をしたり、
色々ネットで調べながら、試行錯誤しております。

防音対策

  • 隣り部屋との間の壁に、防音ウール+石膏ボードを設置
  • 扉の隙間をしっかり埋める

などを行い、シェアハウス内の防音対策をとっています。

空室を、仕事部屋・自習室・視聴室として使えるよう開放する

今、空いている部屋を開放して、自由に使ってもらえるように進めています。

  • 自室では、隣の部屋の人に音が響くので、申し訳ない
  • 隣の部屋の音が響いて、自室で仕事やオンラインレッスンがやりにくい

という方のために、シェアハウスの各エリア(垂水・舞子・霞ヶ丘)ごとに、
空室になっている部屋を自由に使って頂けるように開放することにしました。

自室より、仕事やオンラインレッスンに集中できる

という人が増えたら嬉しいですね。

テレワーク、リモートワークや在宅勤務が増えることで、
人に優しく、地球にも優しい
新しい社会づくりへの可能性が開けるのではないかと思っています。

またテレワーク、リモートワークや在宅勤務に限らず、

3.11の東日本大震災、
ここ数年で相次ぐ自然災害台風被害
そして、今まさに起こっている
コロナウイルス騒動、そして緊急事態宣言の発令など
様々な要因をきっかけとして、
働き方、暮らし方、考え方。”生き方”が変わった!
これからの時代、生き方をシフトチェンジしていきたい。
という方も多い中、

シェアメイト一人一人の心に耳を傾け、
できる限りみんなの人生を応援していきたい、と考えております。

シェアハウス内で安心して、快適に過ごせるように、
一つずつ一つずつ進めていきたいと思っております。

テレワーク・リモートワークにおすすめのシェアハウス&ソーシャルアパートメント

  • ソーシャルレジデンス西葛西(東京都江戸川区)

https://www.oakhouse.jp/house/672
東京都江戸川区西葛西3丁目6−21

100部屋以上あるソーシャルアパートメント。
ライブラリ、音楽スタジオなどがあり、リモートワークをしている人の声もブログに掲載されています。
リモートワークはしやすそうですね。

住人さんインタビュー記事
https://www.oakhouse.jp/interview_resident/oakinterview2

  • ネイバーズ武蔵中原(神奈川)

https://www.social-apartment.com/builds/kanagawa/kawasaki-shi/view/62

神奈川県川崎市中原区下小田中6-7-1

144世帯が暮らすソーシャルアパートメント。
ワーキングラウンジが2箇所あるので、テレワークにも向いてそうです。

住人の方のインタビュー記事
https://suumo.jp/journal/2019/12/26/169582/
https://www.social-apartment.com/lifestyle/detail/200130

  • ドリーシェ(名古屋)

https://www.dreamshare.biz/
名古屋市中区栄1-31-41 大井ビル6F

夢を応援する成長型シェアハウス 
というコンセプトで、起業を考えている方や、起業したばかりの方、
また個人事業主の方を対象としたシェアハウスです。

テレワークの方を応援しよう、という事業者さんの想いが伝わってきます。

テレワークを応援するシェアハウスあります

関東、名古屋以外では、『テレワーク』『リモート』+シェアハウス で検索しても、
なかなか情報が出てきませんでした。

またよさそうな物件を見つけたら、情報を追加していきます。

家は、仕事場? リラックスする場?(最後に)

家は “仕事場” である前に、
まずは暮らしのベースであり、ゆったりくつろげる居場所にしたい。

と、考えております。

シェアハウス内は、どうしても近くの部屋に音が響くので、
仕事、オンライン講座や動画の視聴、電話会議などによる音が、
シェアメイト間で問題となる場合は、

ボリュームや、頻度などを考えた上で、
大家(いのじ)の判断で、
引越しや、別の場所での作業をお願いするケースもございます。

家で仕事をしたい、という方も
家の自室でゆったりとくつろぎたい、という方も
どちらのことも大切にしたいと思っていますが、

何事も、シェアメイトや私と、
相談をしながらになりますので、
なにとぞご理解のほどよろしくお願いいたします。

テレワーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください