お花見

社会人185人に聞いたシェアハウスを選ぶ理由・メリット11選●部屋探しは【神戸シェアハウス和楽居】へ!

こんにちは。
神戸シェアハウス和楽居(わらい)のいのじです。

社会人でシェアハウスで暮らすことを検討している方の中には、

  • シェアハウスって、外国人とか学生ばかり住んでるんじゃないの?
  • 社会人で、シェアハウスに住むって、どんな理由があるのかな?

など、感じていらっしゃる方もいるのではないでしょうか?

実際にシェアハウスにお住まい頂いている方の9割以上は、
社会人の方です。

今日は、

  • シェアハウスで部屋探しをした理由やきっかけは?
  • 住んでみて感じるメリットは?
  • 実際にはどんな業種、職種の人が暮らしているのか。

シェアハウスに在住歴6年、運営歴13年になる僕が、
過去、そして現在お住まいの社会人シェアメイト 185名から聞いたことから
シェアハウスに暮らす理由・メリット11選としてまとめました。

一人で暮らすより安心だから

シェアハウスで暮らしている方の中には

  • 一人暮らしをするのが初めての方
  • 一人暮らしを経験してみた上で、誰かと一緒に暮らしたいと思った、という方

など、色々な方がいらっしゃいます。

いずれの場合も、一人暮らしをするとなると、
何か会った時にすぐに相談できる人がおらず、最初は寂しい思いをすることもあるかもしれません。

一人じゃなかったら不安じゃないのに。って感じる瞬間、結構ありますよね。

  • 物音がした時
  • 風邪を引いた時
  • 台風や何か災害が起きた時
  • 仕事やプライベートで色々あって、誰かに話を聞いてもらいたい時

実際に、毎日たくさん話をする訳じゃなくても、
ただ家に誰かがいてくれるって嬉しい。
安心する。
そんな風に感じる方は多いようです。

「おかえりなさい」家で待ってくれてる人がいる

  • 家に帰った時に、リビングやキッチンに電気が灯っている
  • 誰かが待っていてくれる
  • 「おかえり」と声をかけてくれる

それがすごく嬉しい。

疲れている時に一言二言、言葉を交わすだけでホッと安らげる。

誰かが、こんな話をしてくれる度に、
安心する間柄、人間関係や信頼関係ができているのが嬉しいな、と感じます。

初期費用、家賃、生活費が安く済むから

シェアハウスだと、家具・家電・食器類など全て揃っているので、
引越しの際には、自分の洋服や寝具類だけでオッケー。
引越し費用も随分安いし、荷造りも楽チン。
ダンボールで色々郵送して、自分はスーツケースや大きなリュック1つで入居される方もいらっしゃいます。

引越し業者で家具・家電・食器類など全て運んでもらうと5〜30万くらいはかかりそうですが、
自分の衣類、寝具のみの引越しだと1〜5万くらいあれば十分かと思います。

また一人暮らしだと、家賃・光熱費以外にも、
インターネット代やマンションの共益費、その他諸々なんだかんだお金がかかります。
シェアハウスだと、家賃に含まれていたり、安く設定されている事も多いです。

初期費用(イニシャルコスト)比較表
項目 シェアハウス 一人暮らし
引越し費用 0 〜 3万 5 〜 15万
敷金 0 〜 2万 5 〜 7万
礼金 0 〜 2万 5 〜 7万
仲介手数料 0円 5 〜 7万
合計 0 〜 7万 20 〜 36万
金額差 20 〜 36万円 シェアハウスの方が安い!

 

毎月かかる費用(ランニングコスト)比較表
項目 シェアハウス 一人暮らし
家賃 4 〜 6万 5 〜 8万
光熱費・インターネット代 0.8 〜 1.2万 1 〜 1.5万
合計 4.8 〜 7.2万 6 〜 9.5万
金額差 1.2 〜 4.7万円 シェアハウスの方が安い!

楽しそう 友達ができそうだから

シェアハウスの暮らしでは、人とコミュニケーションを取ることも多いです。
生活をする上で、お互いが快適に暮らすにはどうしたらいいかを話し合うこともあります。

  • 風呂、キッチンなど水回りのこと
  • お互いの生活音について(互いの部屋が近い場合や、共用部の近くの部屋に暮らす場合)

そういったやり取り含め、誰かと会話をする中で、
プライベート、仕事や恋愛、趣味に会話が発展することもあります。

[voice icon=”https://sharehouse-warai.com/wp-content/uploads/2020/02/みゆき.jpg” name=”シェアハウス女子” type=”r”]ご飯を多めに作ったから、一緒に食べよう![/voice]

と声をかけてくれる人がいると、より一層リビングでの交流の機会が増えます。

普段知り合うことのない人と交流ができる

学生時代は、サークル活動、アルバイト、授業など、人との出会いが多いですが、
社会人になって、職場と家の往復では、新しい出会いのチャンスは多くありません。

シェアハウスだと、シェアメイトが家に連れてきてくれた友達と仲良くなる、
というケースもあります。

長年、その土地に根付いているシェアハウスの場合、
地域の方々との交流、地元のお祭り、などなど地域コミュニティの方々との繋がりもあります。
老若男女、幅広い世代の人と交流ができるのも魅力ですね。

ただ中には、全くコミュニケーションが皆無に近いシェアハウスもあります。たとえば

  • 共用部を通過する必要もない構造である
  • 元々、大きな社員寮やマンションだった物件
  • 各個室に水回りも設置されているソーシャルアパートメント

などでは、コミュニケーションがほぼない、人とすれ違っても挨拶さえなかった。
という話も聞いたことがあります。

色んなシェアハウスがあるので、事前の見学などで空気感はしっかりと感じ取っておきましょう。

関心のあること、趣味など話題の合う人と出会えそうだから

シェアハウスが増えてきている近頃では、
コンセプト型のシェアハウスも多いようです。

  • ●●が好き:旅、料理、犬、猫、サーフィン、自転車、マラソンetc
  • 英語が学べる:英会話レッスン付き。外国人と日本人比率を調整しているetc

ちょっと変わり種のシェアハウスでは

  • 減量したい人向け:ジム付き。減量した体重に応じて家賃が変わるシェアハウス

などもあるそうです。

ちなみに神戸シェアハウス和楽居では、大家の井上夫妻が

“一人一人が、本当に快適に暮らせる家・人間関係ってどんなのだろう?”
“なんでも聴き合い、話し合える関係性や、そうしたくなる気持ちが働くのってどういうことだろう?”

ということに関心があること。

また
“持続可能な暮らし方:人の心にも体にも優しくて、環境にも優しいライフスタイル”
にも関心が高いので、
衣食住や日々の買い物、地域社会との繋がりなどに関心の高い方に数多くお住まい頂いております。

価値観が広がった

シェアハウスには多種多様な人が暮らしています。
育った環境が違えば、仕事も違う。
当然、生活習慣、生活時間帯も異なります。

[voice icon=”https://sharehouse-warai.com/wp-content/uploads/2020/01/-e1579791176190.jpg” name=”ぱっつん女子” type=”r”]同じ日本人なのに、まさかこんなにもモノの見方、考え方が違う人がいるの!!!![/voice]

人によって、同じ物事でも捉え方が違うんだな、と
価値観をすり合わせ、確認し合っていく中で、

自分の中で『当たり前』『これはこういうものだ』と信じ込んでいたことが、
あくまで自分のマイルールでしかなかった。

ということを知ることになります。

自分の中の当たり前を人に押し付けようとするだけでは、
他人との共同生活ではなかなかラクになりません。

相手を理解しよう。
と試みていく中で、少しずつ価値観が広がった、という方が多くいらっしゃいます。

自分のキャパが広がった。コミュニケーション能力が上がった。

価値観が違う人と共同生活を送る中、
最初は『自分にとってどうしても受け入れられない』と感じていたことが、

モヤっとするシェアメイト本人と話し合ったり、
その他のシェアメイトや友人に話を聞いてもらう中で、

 

[voice icon=”https://sharehouse-warai.com/wp-content/uploads/2018/04/0I9A351215032114onepoint.jpg” name=”ぱっつん女子” type=”l”]自分の意思もあるけれど、相手にも意思とか、何か意図や思いがあるんだな。[/voice]

と感じられるようになります。
共同生活を続けていく中では、そういったことの連続とも言えるかもしれません。

そして、自分の思いをただ我慢して溜め込むだけでなく、

自分はどうしたいか、相手にどうしてほしいのか。

直接、相手に伝えてみる。

そんな心のやり取りを通じて、人に対して優しくなった。許せるようになった。
という声をよく聴きます。

[voice icon=”https://sharehouse-warai.com/wp-content/uploads/2017/11/inoji-1.jpg” name=”いのじ” type=”r”]シェアハウス、という小さな社会で起きることは、必ず外の社会(職場、家族、恋人、友人etc)でも起きる。[/voice]

シェアハウスを13年以上運営して感じることです。

シェアハウスに住んで変わったこと。成長したこと。として以下のようなことをよく聞きます。

  • コミュニケーション能力が格段に上がった!
  • コミュニケーションがうまく取れていなかった父親と、初めて本心から向き合って話すことができるようになった。
  • 職場の同僚や上司にも、本音で思っていることを伝えてみることができた。

英語が学べる 異文化に触れられるから

外国人の方が暮らしているシェアハウスも割と多いです。

シェアハウス和楽居は、英語が学べる、ということをコンセプトにしている訳ではありませんが、
大家の井上夫妻(いのじ と みき)が知り合ったきっかけでもあるイベント
英会話カフェ

https://sharehouse-warai.com/english-cafe-kobe-motomachi-tarumi

https://www.facebook.com/groups/english.cafe.kobe/
(facebookページ 2010年からずっと続けています)
をシェアハウス和楽居オーガニックで開催していたり、

元CAや現役英会話講師のネイティブのシェアメイトによる英会話レッスンが開催されていたり、
(シェアメイトのみが参加する非公開なイベントもあります)

エリザベスの英会話レッスン

1名〜3名、アメリカ人、イギリス人、オーストラリア人が暮らしている棟があったり

  • グランブルー 3名お住まい中(アメリカ人1名。オーストラリア人2名)
  • オーガニック 1名お住まい中(イギリス人1名)
    2020年1月22日時点

よく英語や外国人と触れ合う機会があります。

自分でやる・買う必要がないから(物の貸し借り、助け合いができる)

ちょっと手を貸して欲しい、
とシェアハウスメンバーに声をかけて、助け合えたり、
モノの貸し借りなどできるのもの、シェアハウスのメリットかもしれません。

シェアハウス和楽居での実例をブログ記事に載せたので、リンクを貼っておきますね。

シェアする暮らし = 所有する必要のない暮らし

 

与え合う暮らし◆ギフトエコノミー『渋柿編』

そして次は、シェアハウスだから、ではなくて、シェアハウス和楽居を選んでくださった理由にはなりますが、
紹介しておきます。

海の近くで暮らしてみたかったから

こんな理由で神戸シェアハウス和楽居を選んでくださったという方も、
けっこう大勢いらっしゃいます。

  • 霞ヶ丘の物件:ガーデン・オーシャン・レインボーからは徒歩1〜5分。
  • 垂水の物件:オーガニックからは徒歩20分
  • 舞子の物件:グランブルー、アーチからは徒歩10分

海水浴場 アジュール舞子まですぐです。

どんな業種、職種の人が暮らしてるの?

神戸シェアハウス和楽居 に実際に暮らしている(暮らしていた)方のお仕事について
ざっと思いつくままに書き上げてみたいと思います。

【お勤めの方】

  • 小学校の先生
  • 役所
  • 惣菜の製造会社の開発
  • 工作機械メーカーの事務
  • 電機メーカーのシステム管理
  • SE(システムエンジニア)
  • PT(理学療法士)
  • 介護職
  • 和菓子屋
  • 船会社の航海士
  • 英会話スクールの講師
  • 放課後預かりなどを請け負うNPO
  • 金の延べ棒を作る会社
  • 翻訳家

【フリーランス 兼 お勤めの方】

  • 調理学校の講師
  • デッサンのモデル
  • 外国からの来日客のアテンダント(旅の付き添い)

【自営業の方】

  • オフグリッドに関する講演活動 & ワークショップ + 執筆作業
  • ヨガ講師
  • 瞑想のファシリーテーター
  • シェアハウスのリフォーム作業
  • 書き下ろし & バースカフェの講演活動 & 被災地支援ボランティアリーダー
  • 陶芸販売
  • 便利屋
  • 料理教室
  • パン教室
  • ピザの出張調理販売
  • 古民家カフェ
  • ダンサー

他にもまだまだ色んな方がいらっしゃるのですが、
公務員から、大会社(一部上場企業)のサラリーマン、
自営業の方まで本当に様々ですね。

会社に勤めながらも、
お休みの日に、シェアメイトのイベント出店手伝いや、
様々なコミュニティ、地域活動などの社会活動に取り組んでいらっしゃる方もいます。

楽しい集まり、イベントが多いかどうか を見極めるには? 

和気あいあいと楽しいシェアハウス生活をイメージしていたのに、
実際住んでみると全然違った。
という話も聞きます。

実際に住んでみるまでわからない事はありますが、
僕なりに、入居する前から、暮らした後の生活がどうか? を考える上でのポイントは、
部屋の内覧時や、住人以外も参加できるイベントの際に、直接人とコミュニケーションを取ることです。

部屋の内覧の際に、対応をしてくれた人の人柄や価値観に触れることがあります。
運営している人のキャラは、家造りや、シェアメイト同士の人間関係作りにも大きく影響します。

体験宿泊はできる?実際のシェアハウス暮らしを知りたいにおすすめ。

内覧のタイミングに、タイミングが良ければシェアメイトと会える場合もありますが、

  • しっかりとシェアハウスの人とコミュニケーションを取ってから、入居を検討したい
  • シェアメイトの生活時間帯がどんな感じか気になる

という場合は、
体験宿泊 などできないか、確認してみてください。

HPや、案内をしてくれる人からの情報だけでは知り得ない、
生の情報が分かると思います。

(番外編)シェアハウスってやっぱり学生が多いの?

とよくいろんな人から聞かれます。

学生 という呼び方をするにしても、

  1. 社会人を経験済み。数年間経験してお金を貯めてから再び専門学校や大学院に入り、勉強をしている方。
  2. 22〜23才くらいまでの高校生、大学生。

僕の中ではこの2タイプに分かれます。

和楽居にお住まい頂いた学生さんのうち、社会人経験済みの方が、過去に10名ほど。
高校からそのまま上がった大学生の方が、2名でした。

2020年2月現在では、学生の方は一人もいらっしゃいません。
全員社会人の方になります。

まとめ

安心して暮らせる。
お金が安く暮らせる。
自分の価値観が広がる。

など、様々なメリットがあるシェアハウス生活。

一度は、ぜひ経験をして頂きたいです♪

シェアハウス和楽居では、365日いつでも見学は受け付けております。

最後に、シェアハウス和楽居の特徴をお伝えさせて頂きます。

シェアハウス和楽居(わらい)の特徴

 
衣食住、そして一人一人の気持ち ”心” を大切に。
人と地球に優しい持続可能なライフスタイルを目指しています。

特徴

  • 全て駅近(JRの快速が停まる垂水駅・舞子駅まで徒歩5〜7分。山陽霞ヶ丘駅まで徒歩2〜4分)
  • 全部屋個室、鍵付き
  • 女性専用シェアハウスあり、ファミリー向け戸建あり。シェアハウスは⒌棟24部屋、戸建7棟
  • シェアハウスはペットは要相談。戸建賃貸ハウスはペットOK
  • 神戸まで15〜18分。大阪まで45分程度。明石まで10分以内。仕事場まで便利なアクセス
  • 海沿いの暮らし。海の見える部屋あり。海水浴のできる砂浜(アジュール舞子)まで徒歩2〜20分以内
  • 英語が学べる。外国人1〜2割
  • 社会人9割以上。学生の方も歓迎
  • 大家さん(いのじ・みき夫妻)と距離が近く、何でも相談できる
  • 地域コミュニティとの繋がりが多い
  • ゲストハウス利用可。1ヶ月未満の短期利用も受付中

住まい:安心・安全な自然素材リフォーム

  • 漆喰壁(消石灰、わら、砂を練り、発酵させた自前の漆喰)
  • 国産杉の無垢フローリング&国産のい草畳
  • 揮発性の有機溶剤を使った建材や塗料を内装には不使用

食:有機野菜付き・自然食品の宅配&10%オフ

  • 毎月、有機野菜が無料で宅配される(家賃に含まれています)
  • コープ自然派 & 地域の自然食品店からの宅配あり(オーサワ・ムソー等全品10%オフに割引あり)
  • 「都会でも自給率を高めたい!」と、食や環境に関心の高いメンバーが多い

衣:手作り服で暮らしを彩る

  • ハンドメイトで衣類や小物を作るワークショップを不定期で開催中
  • うさと展を不定期開催

垂水 & 舞子 & 霞ヶ丘 の各エリアに1軒ずつ充実した設備あり

  • キッチンにガスオーブン付き
  • 家庭菜園のできる庭・畑付き
  • 8畳〜12畳の広々としたリビング付き
  • オーガニックには太陽熱利用の床暖房、ガーデン & レインボーにはペレットストーブ付き
などなどです。
 
2007年からシェアハウス和楽居の自主運営 & リフォームを続けて参りました。
シェアメイトのみなさまが快適に暮らせる場、ってどんなだろう?
ずっとずっと考え続け、今も進化の途上ではありますが、
ご興味をお持ちいただけましたら、一度ぜひ見学にいらしてくださいね。
 
イベントフォトギャラリー(fbページ)
お問い合わせ
 TEL  090-9866-1059

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。