住人インタビュー vol.2『まりさん』

シェアメイトの声、第2弾はまりさんで〜す!

まりさん
年齢 50代
趣味 野鳥を見ること。野山や川辺を歩きながら見るのが大好き💓❤💓 今年こそ大鷲が見たい!
出身地 北海道
ハウス名と時期 ガーデン(2017年12月~2018年10月)
入居前の状況 入居前は12月いっぱいで仕事を辞めて第二の人生を模索中でした。興味のあった資格をとるため神戸に。前職は介護の仕事をしていました。

和楽居に住んだきっかけを教えてください

住むところを探していたときにたまたま和楽居を見つけて。シェアハウスだから、引っ越しで大荷物持ち込まなくてもいいし、楽しそうな事を色々やってる写真なんかも見て、シェアハウスもいいかなあと思って。

和楽居に住んでみて感じたことは?

 寂しくない❗ 独りじゃない🎵 安心感がスゴい❗😄

垂水に暮らしてみてどうでしたか?

驚くほど海辺の風景が美しくて癒されます。明石も近いので神戸も明石も楽しめちゃう🎵
垂水は人の生活感があって肩のこらない感じがよかったなー。商店街も楽しいし、古墳まであるし❗海神社も大好きで何度も行きました。
垂水暮しをもっとたのしみたかったな。なかなか自由な時間が持てなかったので、それがすごく残念で心残りなんです。垂水は少し昭和な感じも残ったいい街ですね。

まりさんは何をされている方ですか?

私は日本語教師の資格をとりたくて三ノ宮の学校に通ってました。10月に終わって、今は実家に戻ってます。

まりさんは和楽居に来る前は何をされていましたか?

私は北海道で介護関係の仕事をしていたんですよ。

まりさんから見た和楽居の魅力はなんですか?

世代の壁なんて無く交流できること。
和楽居の沢山のシェアメイトとの交流もいっぱいできて、世界が拡がる感じ。

最後に、このブログを見ている方々に一言お願いします。

和楽居ではゆるやかで温かな交流がありました。色々な人と出会えて楽しいですよ~。

大家いのじから見たまりさん

◆元気 ◆素直 ◆優しい ◆バイタリティー ◆好奇心旺盛 ◆柔軟な考え方 ◆愛されキャラ 
ぱっと思いつくところを箇条書きにしてみました。
—————
まず問い合わせを頂いたメールの時。「50代で、北海道から単身神戸に出て、日本語教員の資格を取るためのスクールに通う」というバイタリティー、そしてとても丁寧な内容のメールから「なんてステキな方だろう。お会いするのが楽しみだな〜。」と感じました。初めて電話でお話したのが、ちょうどガーデンにいたタイミングで、そのやり取りを見たシェアメイトも 「お母さんと同じくらいの年だ。お母さん歓迎ですよ〜♪」と。
—————
実際に会ってみての印象も、まりさんはいつもニコニコ。年齢差(僕とは約20歳かな)を感じさせない、表情の明るさと、自然体で飾らない。柔軟で、人の話もよく聞いてくれるし、全然気をつかわなくて済む、とてもラクな方でした。
素直に思った事も出してくださるので、一緒にいて疲れないのかなー。
この方となら、シェアハウス生活も楽しそうだな、って感じました。
やっぱ年齢じゃないよなー、て感じさせてくださる優しいおかあちゃん的な存在です。
おかん、というより気さくなお姉ちゃんの方がしっくりくるかも。
—————
ガーデンでの10か月にわたるシェア生活。学校、本当にお疲れさまでした。大変な努力をされていた、とご自身からも、シェアメイトからも伺いました。
また僕(いのじ)の母が最期の時を迎えた星ヶ丘ホームで短期のアルバイトをされていた事もあって、母と僕をまた別の視点からそっと橋渡しをしてくださる、とてもありがたいご縁だなー、と感じていました。

まりさんの送別会では、20名ものシェアメイトが集い、別れを惜しんで涙を流す人もいました。
「第2のふるさと目指してます」という気持ちを、以前より更に強く感じています。
神戸空港で送る車での会話、そしてきりくんと僕の鈴鹿サイエンズスクールでの学びのシェア会の夜に話したこと、今も僕の心に強く残っています。
いつでも待ってます。
離れていても、気持ちは繋がっている気がする。
共に、心の底から幸せを感じながら日常生活を送る。そんな方向性を探りながら進んでいきましょうね。

あー、別れたばかりなので、アツくなっちゃった。
僕からまりさんへの印象、気持ちを綴りました。
読んでくださった皆様、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください