仕事と子育ての両立を目指すイクメン日記2『ケンカ編』

イクメンいのじ

こんにちは。
子育てまっただ中の神戸シェアハウス和楽居(わらい)のいのじです。

12月の半ば、家族全員でインフルエンザにかかり、1週間寝込んだ時、

「全く外に出なくっても、なんとか仕事はできるんじゃないのか?」

「今、自分自身、そして妻 みきちゃんの求めている事はなんだろう?」

などなど、色々と考える事があり、
仕事と家庭、育児について見直す時間になりました。

自分の本来の願いは、
妻に楽で幸せでいてほしい、
自分も一緒にいて幸せ。
子供も、仲良しな親を見て安心して、健全に育つ家庭をつくりたい。
家族みんなが笑顔溢れる幸せな時間を過ごしたい。

そういうシンプルな事だと思います。

それなのに
そういった「心の奥底からの願い」から遠く離れたことをしてしまったり、考えてしまう、
とても気分の悪い心の状態になることがあります。

それはつい先日のこと。

久々のデートやね、と家族で近くのカフェに出かけた時のこと。
僕は、カフェに出かける前から

「カフェに行ってる合間に、すぐ近くのシェアハウスに届け物があるから、20分くらい抜けさせてもらいたいねん。
あと事務仕事が溜まってるから、一時間くらいはパソコンに向かう時間が取りたいです」

と自分の状況を説明していて、みきちゃんも

「そうなんや。分かったよ。」

と言ってたのです。

そして、僕がカフェから20分くらい離れていた間、
こなっちゃんがぐずって、コーヒーのフレッシュをこぼしてしまったり、大変だったらしく、
僕がシェアハウスから戻ってくると、みきが超絶に不機嫌でした。

●そんな責められたら、こっちも言いたいことあるねん。
とか
●ちゃんと今の俺の状況「一時間くらいは事務仕事の時間ほしい」とも説明してたし、今日の行動も事前にどう動くか伝えてたやん。
とか

責められた、と感じたら、なんか言い返したくなる。
というのは、自分でも変な感じがしてる。

事前に説明してて、分かってもらえるよう努力をしようが、しまいが、

妻が、
僕が少し離れてる時にしんどい思いをして、苛立っていて、それを表現した、

ということと、
その後に

僕が
「仕事にも追われてて、時間ほしい」という状況を説明する時に、
相手を責めるような口調になってしまうこと、

とは全く別のことなのに。

妻の言動に対して反応しているようで、

実は自分が、相手を見て捉えた事に対して、勝手に解釈して、段々腹立ってきて、

相手の攻撃
→自分は防御 → たまらず反撃に出る

みたいな感じがする。

相手がイライラしてるのも、
僕がイライラしてるのも、

どちらも、そういった感情が起きるのは仕方がない、として

一緒に幸せな家庭を築きたい、と願う夫婦間で
相手を攻撃する 反撃する 
攻撃のやり合い
守り合い

というのは、きっと全くお互いが望んでいる
本来の幸せへの道からは外れてるんやろう、と感じます。

共に子育てをしている妻と、
久しぶりの小競り合いがあって、
色々と考えました。
書いて、整理すると、少しすっきりしてくる。

そして小競り合いの後、
外で3時間ほど集中して溜まった仕事をしてきて、
そっちの方は少し楽になったけど、、、

ここ最近ずっと、妻と子とずーっとそばにいたせいか、
家に帰って先に眠っている二人の横顔を見て、
めちゃくちゃ寂しくなった。

「仕事は減らすって言っても、限界がある。」
「俺だってもっと小夏とそばにいたいし、毎日一緒に起きて、一緒に寝て、ゆったりとした時間に絵本読んだり、一緒に遊びたい。」

自分の仕事をする時間をどう捻出して、
家庭での時間をたくさん取れるか、
というチャレンジ中の新米お父さん、
いのじのつぶやきでした。

精神的に不健全な状態から離れていきたいなー。

イクメンいのじ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください