オーガニックなお団子作り●よもぎ・にんじん・キャロブで

お団子と記念撮影
こんにちは。
神戸シェアハウス和楽居(わらい)のいのじです。
 
今日は、大家さんファミリーの家族で過ごす日常、
そしてここ最近感じてること、
について書いてみます。

家族でお団子作り

最近は、イベントの開催について自粛中、
そして娘の保育園もお休みなので、
妻と娘と3人で過ごす時間が多くなりました。
 
お出かけするにも、
  • 子供広場
  • アンパンマンミュージアム
  • 須磨水族館
などなど、ちょくちょく遊びに行ってた場所も閉まってるし、
どうしたもんか。
 
家に白玉粉があったので、
一緒にお団子を作ってみよう!
 
と、みきちゃん(妻)の提案でやってみると、
娘ちゃんがとても嬉しそうにお団子を丸めてくれました。
それから、お団子作りにはまってしまった井上家。
 
今日は、いろんな色のお団子を作ってみることにしました。
 
まず、僕らが住んでるハイツから徒歩15秒の所にあるシェアハウス、
和楽居オーガニック
の庭に勝手にニョキニョキ生えている
よもぎ(オーガニック というか自然そのまま)を二人で摘みにいきました。
 
シェアハウス和楽居オーガニックのよもぎ

シェアハウス和楽居オーガニックのよもぎ

よもぎ、わさわさ生えてます。
よもぎ摘みの少女

よもぎ摘みの少女

よもぎの下準備は
  1. 柔らかいところだけ取り分ける
  2. しんなりするまで湯がく
  3. 細かく刻む
  4. すり鉢で潰す

です。

そして、垂水の自然食品 & 有機野菜宅配のグリーンハウスさんの扱う
  • にんじん(神戸市西区さんのオーガニック) すりおろしてから混ぜる
  • キャロブパウダー(オーガニック) まぜるだけ
  • 純・白玉粉 150g(ムソー)

そこに

  • 水 120ml
を混ぜて練り、
更に、下準備した材料たちをそれぞれお皿やボウルに分けて、混ぜ合わせます。
よもぎ・にんじん・キャロブ

よもぎ・にんじん・キャロブ

ぐるぐる丸めてから、
火が通りやすいように、両手でぺったんぺったん。

ぐるぐる・ぺったん

娘は
 
「ぺったん ぺったん!」
 
と、嬉しそうに連呼していました。
 
最近、お絵かきにはまってる娘が、
「アンパンマン作って!」
とおねだり。
 
4色の団子生地を駆使して、アンパンマン、しょくぱんまん、ばいきんまんを作りました。
 
そして、ぐつぐつ煮える熱湯に、お団子をどんどん放り込みます。

お団子を鍋に入れる

ぷかぷか浮かんでから30秒ほどしたら、水を張ったボウルにあげて冷やして、
完成!!
 
お団子と記念撮影

お団子と記念撮影

 
4色団子とあんぱんまん

4色団子とあんぱんまん

いただきまーす!
 
よもぎ団子は、草の繊維が食べにくいんじゃないか、と少し心配してたのですが、
ぜんっぜん問題ありませんでした。
筋張ったところもなく、とても香り豊かなおいしいよもぎ団子ができました!
庭の恵み、最高!!
 
にんじん団子は、にんじん自体の甘みもしっかりしてるからかな。
とても甘くて、にんじんの味が口の中に全体に広がります。
おいしい!!
 
キャロブパウダー、初めて使ってみたんですが、
ほんまにココアのような風味なので、びっくり。
いなご豆 という豆のパウダーらしいのですが、砂糖を入れなくても少し甘みがあって、おいしい!
 
どれも美味しかったです!!
 
キャロブ団子が変わってて、おもしろい味でしたが、
僕の中ではやっぱりよもぎ団子が一番かな!
 
白玉粉や、米粉を使ったお団子、
ほんまにただ水と混ぜるだけで、簡単にできるので、
家で時間を持て余している方がいたら、ぜひ家族でやってみてほしい!
子供がいると、きっと喜びますよ。
 
次は、
「わらび餅もやってみたいね。」
 
と話しています。

コロナウイルスの影響で最近思うこと

コロナウイルスの影響で、
入居予定の方が引越しを延期(キャンセル?!)になった方もいたり、
 
シェアメイト、仲良しのお店をやってはる方々でも、
経済的に損失がある方、
 
またそれ以上に僕の中で不安を駆り立てられているのは、
神戸の医療の砦、神戸中央市民病院で、
医師、看護師がコロナウイルスに感染し、新規患者の診察を停止した、
 
など、暗くなるニュースが世の中に溢れています。
 
僕ら夫婦間や、シェアメイトとの会話でも、
不安で、どんよりした気持ちになることは確かにあります。
 
そんな中で、
どう日々を過ごすか。
まだ幼い娘の有り余るエネルギーをどうやって発散させてあげられるか、 
 
色々考えますね。

スローライフ / 家族との時間

お子さんが学校に行けなくなったり、
お父さん・お母さんがテレワークで家にいる時間が増える、など
家族で過ごす時間が増えた方は多いと思います。
 
また買い物に関しても、
人が本当に生きていくのに必要なものはなにか?
を見つめる機会になった方もいるのではないでしょうか。
 
1ヶ月ほど前に、神戸のヨガ スペースわにの先生、ぬんさんが、
スタジオを漆喰塗りするから、と漆喰道具を和楽居オーガニックに取りに来た際に話した会話で
ぬんさん
スローライフについて、世界中で講演してるサティシュが日本に来ること以上に、今のコロナの影響の方が、みんながスローになってるんじゃないかな。そうせざるを得ない、って感じだけど、なんか不思議だよね。
と話してはったのがすごく印象的でした。
(ぬんさんは、サティシュ・クマール氏が来日する際に、関西エリアの講演会やワークショップなどをアテンドしてはるのです。)
 
僕も、家族で過ごす時間や、和楽居オーガニックでの野菜作り、シェアメイトたちとの関係作り、
足元から幸せを作っていこう!
 
そんな風に改めて考えてます。
 
家族のでお団子作りした話だけ書くつもりが、
なんだか長くなってしまいました。
 
読んでくださった方、
ありがとうございます!
お団子と記念撮影

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください