アズワン鈴鹿探訪記1「お話会」〜「おふくろさん弁当にて前半」

おふくろさん弁当前で集合写真
こんにちは。
シェアハウス和楽居のいのじです。
 
 今年の10月に、和楽居のシェアメイトしょーちゃん企画で
三重県鈴鹿市にあるアズワンネットワーク 鈴鹿コミュニティから
北川さん(みっちーさん)をお招きしてお話会をして頂きました。
 
ちなみにしょーちゃんは、2014年7月からシェアハウス和楽居に暮らし始めてから、
時にはシェアハウスのリフォームを手伝ってくれたり、
イベントの際は誰よりも積極的に無償で動いてくれる、そんな和楽居の
家作り・地域でのコミュニティー作りのために欠かせない大切なシェアメイトでもあり、
シェアハウス運営チームの一員です。

このお話会で深く感動したしょーちゃんは、
アズワンコミュニティで5泊6日の「サイエンズセミナー」という、

本当の自分を知り、わたしらしい人生を送るためのセミナーを受けるために鈴鹿まで足を運んだのでした。
そして更に今回も神戸・垂水・西区、周辺の繋がりの深いみんなと
もっと想いを共有したい、共に学びたい、という強い思いで、僕らとアズワンコミュニティーを繋いでくれました。

アズワンコミュニティとは?

 

色んな取り組みをされているのですが、その中でもコミュニティの中心の1つとしてされてのが
鈴鹿市では有名な、
おふくろさん弁当」です。
業界内でも非常に高い利益率を上げているこの会社は、コミュニティのメンバーが中心となって、
数多くのコミュニティーメンバーがこちらのお弁当屋さんで働いてはります。
なんとこの会社には


●責任もない ●上司もない ●規則もない ●命令もない

更には
●自分の口座の残高も預けてしまい、お金を管理する必要がない
(お金も共有している。給料は1ヶ所に振り込まれて、自分口座の残高は関係なく、みんなで融通しあってる)
(もちろん全額預ける必要はない。)

そしてコミュニティに所属する人向けには
●生活に必要なものはお金がなくてももらえる場所がある (スペースJOY)

そんな仕組みがあるのです!!
これだけを聞くと

「それほんまなん?!」
「お金まで共有するとか怪しくない?大丈夫なん?」
「ルールもないのに、責任取る人とおらんのに、ちゃんと仕事回るん?」

などたくさんの疑問が浮かびますよね。

お昼から夕方まで3時間ほど、質問タイムもたっぷりのお話会でしたが、それでも
「なんやかんや言うてもお金が回ってこその安心した暮らしなんじゃないん??」
「実際、みんなどんな気持ちで暮らしてるんやろう?」
と分からないことや、深い理解にまでは至らないことがたくさんでした。

その時に参加してくれたメンバーで
「ぜひこのおもしろいコミュニティに行ってみよう。
生で体験してみよう!」

ということになり、実現しました。

神戸からは、シェアハウス和楽居から3名・神戸市西区の自然素材リフォーム N-Basicの濱田さん、
うさとの販売と英語翻訳をしているまゆみちゃん、加古川から親子参加の川添さん
7名のメンバー + 芦屋発の4名で、

12月10日〜11日の土日で三重県鈴鹿市のアズワン探訪DAYに参加することになりました。
相乗りして、みんなで旅行気分。

いざ アズワン探訪DAYへ

 
8時半にJR舞子駅に集合、休憩を取りながら三重県鈴鹿
アズワンコミュニティのカルチャーセンターに到着したのは11時半くらいでした。
そしてまずお昼ご飯に予約していた
おふくろさん弁当の日替わり弁当(550円)を頂きました!
おふくろさん弁当 日替わり弁当

おふくろさん弁当 日替わり弁当

日替わり弁当は、一般的なお弁当屋さんで出てきそうな感じの
白米・梅干し、野菜のおかず 鶏肉、卵焼き、スパゲティなどが入っていて、
いわゆる 自然派なベジ弁当みたいなものではありません。
本当に普通のお弁当。
お米やお野菜には、SUZUKA FARMで採れたものも使われているそうです。
それも、全部必ずSUZUKA FARMのもの、という訳ではなく、
「SUZUKA FARMで採れた野菜は無農薬のものですか?」
という質問に対しては、
お福ちゃん
無農薬のものもあれば、そうじゃないものありますよ
というお答え。
なんか、こういうコミュニティ暮らしをしていて、仲間達で農園もしている、と聞いてたから
野菜や原材料もこだわりまくってはるのか、と思いきやそんな感じでもないんです。
なんかすごい自然体。
その時にできるものでやってる、っていう感じなのかな。
 
ふむふむ。なるほど。

食事の後は、今日・明日の探訪ツアーを案内してくださる方のご紹介をして頂いて、
参加メンバーの軽い自己紹介。
神戸・東灘・芦屋・京都 から12名のメンバーが集まりました!

シェアハウス和楽居からは、僕 いのじ & しょーちゃん & なるみさんの3人が参加しました。
みんなそれぞれに、このアズワン探訪に何かしらの想いや、求めるものがあって参加されているので、
みんなの想いが最初に聞けてよかったです。

ちなみに僕の場合は、こんな感じでした。

「地元である神戸・垂水でのコミュニティ作りのために学べる事がたくさんあると思ったからです。
神戸シェアハウス和楽居では、コミュニケーションと信頼関係 この2点が
シェアハウスで安心した暮らしを送るために一番大切やと考えています。
70人もの人が仕事や財布を一つにして、共に暮らしている、というアズワンコミュニティから
コミュニケーションと信頼関係をどのように築いているのか、
ものすごく興味があって、ここ鈴鹿まで来ました。」
それから、カルチャーセンターを後にして、
最初の訪問場所 おふくろさん弁当へと車で移動します。
 
探訪スケジュール

探訪スケジュール

カルチャーセンターから、ほんの1〜2分ですぐおふくろさん弁当に到着しました。 
 

おふくろさん弁当にて

 
おふくろさん弁当 外観

おふくろさん弁当 外観

おふくろさん弁当店内の棚

おふくろさん弁当店内の棚

おふくろさん弁当 店内を歩く

おふくろさん弁当 店内を歩く

店内にはお惣菜・お弁当以外にも
環境に優しい商品や、こだわりの珈琲などの物販コーナーがありました。
環境や健康に配慮されたものも売ってましたよ。

そして店内見学の後は、隣の事務所スペースに移動をして、
おふくろさん弁当の本にも登場されていた
社長係の岸浪龍さんがご対応くださいました。

いよいよアズワンコミュニティにみんなが抱く
「なぜ?」
の部分に迫る質疑応答タイムです。

このまま一気に書きたいのですが、
ずいぶん長くなりそうなので今日はこの辺で。

続きはアズワン探訪記2をご覧ください。

そして 2017.1.8 日曜日 13時〜
アズワンコミュニティ探訪DAY 報告会を予定しております。
https://www.facebook.com/events/366574443696249/

アズワンコミュニティ や コミュニティ作り、会社や組織での人間関係作りに興味にある方は
なんとアズワンコミュニティから、北川さん(みっちー)もご参加くださいます♪
ぜひご参加くださいね。

おふくろさん弁当前で集合写真

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です